銀行から借りる場合であれば便利で幅広い

銀行はカードローンの審査基準こそ厳しいものの、無事に審査通過をして契約さえできれば頼れる借り入れ先となります。消費者金融よりも金利が低いために毎月の返済負担も軽く、利息の支払いを抑えたい方も安心です。

 

用途に関しては消費者金融同様に特に縛られておらず、個人が使う範囲であれば大体は自由です。もちろん健全な消費性資金としての範囲とはなりますが、食費や家賃の支払いとしての生活費であっても、急な出費での対応であっても銀行のカードローンは役立ちます。

 

その他、金利負担が軽いことを生かした借り換えやおまとめローンとしての利用も、銀行のカードローンでは向いています。

 

クレジットカードのキャッシングや消費者金融からの借り入れは、手軽さがある反面として金利が高くなっています。特に細かい枠での借り入れとなると金利は法定金利の上限いっぱいまで取られている場合が多く、毎月の返済金の利息割合が大きくなります。

 

払っても払っても思うように借金が減っていかず、そのうちに借り入れ先が2社、3社と増えてしまい、気が付けば複数のキャッシングの利用をしてしまっているといった状況すらも起こり得ます。

 

多くの借り入れ先を抱えると毎月の返済負担は非常に大きく、単純な返済金額だけでなく精神的にも大きな負担となってしまいます。それぞれの返済金や期日の確認も手間となるので、多くの細かい借り入れは銀行で借りるおまとめローンで一本化をし、返済をしやすくすると良いのです。